孤独な戦車兵TOM1192

NoobプレイヤーTOM1192の個人的史観で紐解くWOTの世界

WOTアップデート所感(Ver.1.10編)-その①

皆様こんにちは。TOM1192です。

今回は先日アップデートが入ったWOTのVer.1.10の所感について語ろうと思います。

といってもまだ30戦くらいしかしてないので所感としては弱い気もしますがあらかじめご了承ください。

 

さて、今回のアップデートは非常に大きな範囲でのアップデートであり、2020年では最大規模ともいえるものです。

 

今回も新規戦車ツリーの追加もありますが、ソレ以上に大きな改変が行われたアップデートです。

 

今回は拡張パーツを取り上げます。

今回のアップデートでは拡張パーツに大きな変更が加えられました。

それにより、攻撃・防御・索敵・移動の4要素をそれぞれより強化できるようなものが新規登場しました。

また、車種に応じたボーナスが一番左のスロットに対して付与されるようにもなっています。

では紹介に移りましょう。

続きを読む

自作PC界隈でよくある「ボトルネック」について

皆様こんにちは。TOM1192です。

最近のTwitterで、

「○○○○(CPU名)と○○○○(GPU名)でボトルネックって発生するかな?」

という質問が流れてきました。

今回は当人を特定したり陥れるといったことはしたくないので、Twitterの該当ツイートを晒さないという点にはご留意いただきたいかと思います。

 

さて今回のテーマである「ボトルネック」ですが、結論から言えばよっぽど極端な組み合わせ出ない限りは発生しません。

というのも、ここでおける「ボトルネック」という物自体が主観が入っているためです。

ではこの「ボトルネック」。どうしてこうも目立つようになったのでしょうか?

続きを読む

10万円ゲーミングPC計画(実際に購入したもの)

皆様こんにちは。TOM1192です。

 

tom1192.hatenablog.com

 前回こんなPC計画を始動したわけですが、先日全てのパーツの発注が完了し、ケースとSSDを除き到着しています。

 

さて、今回買ったPCパーツを紹介しますが、前回の内容と99%被ってます。

説明がほしい方は前回をご覧ください。ただし、99%と書いてあるとおり一部だけ違うものを採用しました。それだけは詳しく書きます。

プラス・マイナスは前回の記事時点との価格差です。

続きを読む

10万円ゲーミングPC計画始動。

皆様こんにちは。TOM1192です。

今回は皆様がもらえるかもしれない特別定額給付金(要するに10万円のアレ)を使ったPCの計画案です。

 

注意点として当計画案はPC本体のみで約10万円になります。

そのため画面や周辺機器については追加で予算がかかりますのでその点だけはご了承ください。

 

①CPU

AMD Ryzen3 3100 (13,178円)

www.dospara.co.jp

先日(5/23)に発売されたばかりのCPUです。

特徴は初のZen2での4コア8スレッドCPUで、ライトユースや多少のゲーミング系なら十分にこなせます。次点にRyzen5 1600AFもアリかと思いますが、Zen2ではZen+よりもシングル性能が向上しており、するゲームによってはフレームレートに差がでそうです。

続きを読む

帰ってきたISU-152のアレ

皆様こんにちは。TOM1192です。

今回はかつての最終砲を持って帰ってきたISU-152についてです。

worldoftanks.asia

幾分か前にスーパーテストに入ったという情報がありましたが、今回正式に課金戦車として販売されました。

f:id:buybuysute:20200523205750j:plain

特徴はなんといってもBL-10です。かつてISU-152の最終砲は152mm BL-10というバ貫通と単発火力750を両立した優秀な主砲でした。

現在では貫通力が減少した別の主砲に置き換えられており、以前ほどの脅威ではなくなっています。

が、今回はなぜか消したはずの最終砲を搭載して課金戦車化しています。

とはいえ、課金戦車化するにさしあたって旧ISU-152最終砲時代とは違い、貫通力以外の要素はすべて悪化しています。またエンジンも初期エンジンであり、中途半端な足の遅さに苦しむかもしれません。

 で、そんな前置きをおいた上で、今回実際に乗ってみました。

結論から言えば普通に強いです。単発火力750と通常弾貫通286mmと課金弾貫通329mmは確実にダメージを叩き込んでくれます。また、口径の大きさ故にモジュールの破損率も高く、弾薬庫や燃料タンクも破壊してくれます。

 

装填時間は戦友、装填棒、換気扇で15.6秒とそこそこ長めですが、高い単発火力のおかげでDPMは2700台とそこまで低くなく、落ち着いて射撃をすればダメージは十分見込めます。

 

ただ、足回りはやはりモッサリです。多少の陣地転換では問題はありませんが長距離移動ではけっこう辛いです。

 

地味に辛いのは総弾数。合計で20発しかないので弾種配分には困ります。また、精度は同条件で0.39とソ連系では悪くはないものの、決して良いとは言えません。

 

発売価格は4000円強とそこそこ高いので買いとまでは言い切れませんがWOT内Tier8の課金戦車で750ダメージを叩き込める選択肢は他にはなく、これは大きな魅力かと思います。

 

今回はここまで。みんなもこの戦車、買ってくれよな。

WOTの次期バージョン(1.9.1)について

皆様こんにちは。TOM1192です。

今回はテストサーバーが始まった次期バージョンの1.9.1についてです。

worldoftanks.asia

全体像はこちらです。

 

さて、今回のアップデートでは新マップの「ベルリン」が追加されます。

当たるTier帯は4~10で、通常及び遭遇戦でマッチングします。

また、「帝国境界線」の遭遇戦が削除されます。

まあアレは占領するところが通常戦でも激戦区ですので遭遇戦である必要はなかったのでしょう・・・

続きを読む