読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独な戦車兵TOM1192

NoobプレイヤーTOM1192の個人的史観で紐解くWOTの世界

9.18アプデ実感(マッチング関連)

皆様こんにちは。TOM1192です。

アプデ実感3回目ですが、今回はマッチング関連についてです。

 

今回のアプデで、マッチングのシステムの変更が入りました。

箇条書きで書くと

自走砲にマッチング上限が追加(双方各3両まで)

②双方の車種の合計はおおよそ一致するように努力される

③軽戦車の偵察マッチ削除のため車両数の上限がなくなった

 

という感じになっています。

このアプデで、

・重戦車マッチ(重戦車としてマッチングされる中戦車・駆逐戦車)の仕様

については変更されず、重戦車不足の仕様は変わらずということになります。

 

さて、ここまで書いたところでこの変更の問題点を書いていこうと思います。

主に②と③についてとなります。

まず②双方の車種の合計はおおよそ一致するように努力されるについて、

・双方の車種の合計は一致するように努力されるが、車両までは一致しない

→同車種で性能差が多少なりと生じる。

・あくまで車種の合計が一致するようになりやすい

→トップTierが駆逐戦車のみ、軽戦車のみといった変則マッチングの率の大幅上昇を招く。

 

軽戦車の偵察マッチ削除のため車両数の上限がなくなったについては

・マッチング内での軽戦車率が上昇しやすくなる(双方5両とか)

 

と言った感じになってます。

一番困るのはマッチングの変化によって一方的な試合が増加したことかな?と思ってます(まああくまで体感的ですが)。

自走砲の変化によりさらに過酷な戦場となりますが、私はどうにかして頑張ります。

 

それでは今回はここまで!